Yu Suzuki
Associate Professor. Graduate School of Information Science, Nara Institute of Science and Technology, Japan

1999年神戸大学工学部情報知能工学科卒業.
2001年奈良先端科学技術大学院大学博士前期課程修了.
2004年奈良先端科学技術大学院大学博士後期課程修了.
2004年立命館大学情報理工学部講師.
2009年京都大学大学院情報学研究科特定研究員.
2010年名古屋大学情報基盤センター/情報科学研究科特任助教.
2014年より奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科特任准教授.
博士(工学)(奈良先端科学技術大学院大学).

Wikipedia などのソーシャルメディアの解析,情報検索,クラウドソーシングなどの研究に従事.

News

今後の予定

過去のニュース

Research

私の主な研究対象は,ビッグデータを活用するための情報収集・分析・知識の蓄積というサイクルを回すための技術を構築することです.この各ステップについて研究を行うと共に,社会に役立つ解析とは何かを考えています.

Wikipedia解析

Wikipediaには様々な質の情報がありますが,どの部分の質が高いか,低いかを特定することは困難です.この研究では,よく消される記述は質が低く,長く残る記述は質が高いのではないかという仮定をおき,質が高い記述がどれかを自動的に計測する研究を行いました.

さらに,編集者のバイアスを自動的に可視化するシステムを構築しました.原子力発電所や政治に関するテーマなど,人によって考え方が異なる記事に対して,どのような編集者がどれくらいいるかを可視化するシステムを構築しました.

クラウドソーシング

人間が行うと難しいけれども計算機が自動的に行うことによって楽ができる作業がありますが,逆に計算機が行うよりも人間が行ったほうが楽な作業もあります.このような作業を行うために,クラウドソーシングを利活用するための研究を行っています.ツイートがある製品に対して良い印象を持っているかどうか,どの点に対して不満があるかなどを人手により収集し,集積して可視化しています.

機械学習における学習データを準備する際にも,クラウドソーシングは有効だと考えています.ところが,作業者全員が正確な作業を行うとは限りません.作業者の数は大変多く,正確な作業を行っているかを目視することは困難です.そこで,自動的に不正確な作業を行っているであろう作業者を特定するための研究を行っています.

ビッグデータの可視化

HEMS(家庭における電力使用量測定システム)やクレジットカードの利用履歴などに対して,処理を行って可視化するシステムを構築しました.大量のデータを眺めるだけでは分からない,新たな知見に気づくことができます.けいはんな地区にある100件の民家にHEMSの装置を1年間取り付け,収集したデータを可視化した結果,使用量が他と比べて突出している家庭の存在を把握したり,季節による電力消費量の変化などを調べることができました.

匿名化

テキストから個人情報を匿名化する研究を行っています.ツイートやブログ,コールセンターの情報などには個人情報が含まれるテキストが数多く含まれています.個人情報の流出により実害が発生する場合がありますが,外部業者にこれらのテキストを処理する必要もあります.そこで,テキストを自動的に匿名化する方法についての研究を行っています.

Publication

Journal

  1. 芥子 育雄, 鈴木 優, 吉野 幸一郎, グラム ニュービッグ, 大原 一人, 向井 理朗, 中村 哲: 「単語意味ベクトル辞書を用いたTwitterからの日本語評判情報抽出」, 電子情報通信学会論文誌, Vol.J100-D, No.4, pp.530-543, 2017.4.

  2. 杉山享志朗, 水上雅博, Graham Neubig, 吉野幸一郎, 鈴木優, 中村哲: 「言語横断質問応答に適した機械翻訳評価尺度の調査」, 自然言語処理, vol.23, no.5, pp437-461, 2016.12.

  3. 中村 晃,鈴木 優,石川 佳治: 「共同執筆コンテンツにおける単語の起源追跡」,情報処理学会論文誌: データベース(TOD), Vol. 8, No. 2, pp.43-56, 2015年3月 (Paper)

  4. Yu Suzuki: “Quality Assessment of Wikipedia Articles Using h-index”,Journal of Information Processing (JIP), Vol.23, No.1, pp.22-30, Information Processing Society of Japan, January 2015 (Paper)

  5. Yuya Fujiwara, Yu Suzuki, Yukio Konishi, Akiyo Nadamoto: “Extracting Lack of Information on Wikipedia by Comparing Multilingual Articles”, International Journal of Business Intelligence and Data Mining (IJBIDM), Vol.8, No.1, pp.45-60, Inderscience Publisgers, December 2013

  6. 鈴木 優: 「Wikipedia における情報の質」(サーベイ論文), 情報処理学会論文誌: データベース, Vol.6, No.4 (TOD59), pp.46-58, 2013年9月 (Paper)

  7. Yu Suzuki: “Effects of Implicit Positive Ratings for Quality Assessment of Wikipedia Articles”, Journal of Information Processing (JIP), Vol.21, No.2, pp.342-348, Information Processing Society of Japan, April 2013 (Paper)

  8. 横山 拓也, 石川 佳治, 鈴木 優: 「Hadoop環境における空間分割による並列全k近傍問合せ処理」, 日本データベース学会論文誌, Vol.11, No.1, pp.25-30, 2012年6月

  9. 鈴木 優, 吉川 正俊: 「Wikipedia におけるキーパーソン抽出による信頼度算出精度および速度の改善」, 情報処理学会論文誌: データベース, Vol.3, No.3 (TOD47), pp.20-32, 2010年9月 (Paper)

  10. Seint Seint Aye, Yu Suzuki, Kyoji Kawagoe: “Supporting Appropriate Communication Media Selection Through Context-Awareness”, International Journal of Hybrid Information Technology (IJHIT), Vol.1, No.4, pp.79-88, October 2008

  11. 大野 和久, 鈴木 優, 川越 恭二: 「楽曲全体における特徴量の傾向に基づいた類似検索手法」, 日本データベース学会論文誌, Vol.7, No.1, pp.233-238, 2008年6月

  12. 中谷 圭吾, 鈴木 優, 川越 恭二: 「文書間類似度とキーワードを用いた Web リンク自動生成手法」, 日本データベース学会論文誌, Vol.4, No.2, pp.89-92, 2005年10月

  13. 鈴木 優, 波多野 賢治, 吉川 正俊, 植村 俊亮, 川越 恭二: 「検索結果を統合するための関数選択手法」, 日本データベース学会論文誌, Vol.3, No.2, pp.69-72, 2004年9月

  14. 鈴木 優, 波多野 賢治, 吉川 正俊, 植村 俊亮: 「検索結果を統合するための情報量の概念を考慮したスコア正規化手法」, 情報処理学会論文誌:データベース, Vol.45, No.SIG4(TOD21), pp.37-49, 2004年3月

  15. 鈴木 優, 波多野 賢治, 吉川 正俊, 植村 俊亮: 「複数のメディアで構成された電子文書の検索手法」, 情報処理学会論文誌:データベース, Vol.42, No.SIG10(TOD11), pp.11-21, 2001年9月

International Conference

  1. Wakana Maeda, Yu Suzuki, Satoshi Nakamura: “Fast Text Anonymization using k-anonymity,” Proceedings of International Conference on Information Integration and Web-based Applications & Services (iiWAS2016), November 2016

  2. Yu Suzuki, Satoshi Nakamura. “Assessing the Quality of Wikipedia Editors through Crowdsourcing.” Proceedings of Wiki Workshop 2016 in conjunction with WWW 2016, pp1001-1006, April 2016 (Paper)

  3. Hiromitsu Ohara, Yu Suzuki, Akiyo Nadamoto, “Detection of Missing Tweets based on Browsing Interval and Topic Granularity”, The 17th International Conference on Information Integration and Web-based Applications & Services(iiWAS2015), December 2015 (Paper)

  4. Yu Suzuki, Masatoshi Yoshikawa: “Assessing Quality of Wikipedia Articles using Mutual Evaluation of Editors and Texts”, Proceedings of ACM Conference on Information and Knowledge Management (CIKM 2013), ACM Press, San Francisco, CA, USA, November 2013 (Paper)

  5. Akira Nakamura, Yu Suzuki, Yoshiharu Ishikawa: “Clustering Editors of Wikipedia by Editor’s Biases”, Proceedings of IEEE/WIC/ACM International Conference on Web Intelligence (WI 2013), IEEE CS Press, Atlanta, USA, November 2013 (Paper)

  6. Yuya Fujiwara, Yu Suzuki, Yukio Konishi, Akiyo Nadamoto: “Complementary Information for Wikipedia by Comparing Multilingual Articles”, Proceedings of Asia-Pacific Web Conference (APWeb 2013), Springer Lecture Notes in Computer Science, pp.260-267, Sydney, Australia, April 2013

  7. Yuya Fujiwara, Yu Suzuki, Yukio Konishi, Akiyo Nadamoto: “Extracting Lack of Information on Wikipedia by Comparing Multilingual Articles”, Proceedings of the The 14th International Conference on Information Integration and Web-based Applications & Services (iiWAS2012), ACM Press, Bali, Indonesia, December 2012

  8. Yu Suzuki, Yuya Fujiwara, Yukio Konishi, Akiyo Nadamoto: “Good Quality Complementary Information for Multilingual Wikipedia”, Web Information System Engineering (WISE 2012), Springer Lecture Notes in Computer Science, pp.185-198, Paphos, Cyprus, November 2012

  9. Yu Suzuki, Masatoshi Yoshikawa: “Mutual Evaluation of Editors and Texts for Assessing Quality of Wikipedia Articles”, Proceedings of the 8th International Symposium on Wikis and Open Collaboration (WikiSym 2012), Online, ACM Press, Linz, Austria, August 2012 (Paper)

  10. Yu Suzuki: “Assessing Quality Values of Wikipedia Articles Using Implicit Positive and Negative Ratings”, Web-Age Information Management (WAIM 2012), Springer Lecture Notes in Computer Science, pp.127-138, Harbin, China, August 2012

  11. Takuya Yokoyama, Yoshiharu Ishikawa, Yu Suzuki: “Processing All k-Nearest Neighbor Queries in Hadoop”, Web-Age Information Management (WAIM 2012), Springer Lecture Notes in Computer Science 7418, pp.346-351, Harbin, China, August 2012

  12. Yu Suzuki, Masatoshi Yoshikawa: “QualityRank: Assessing Quality of Wikipedia Articles by Mutually Evaluating Editors and Text”, Proceedings of the 23rd ACM Conference on Hypertext and Social Media (HT 2012), pp.307-308, ACM Press, Milwaukee, WI, USA, June 2012

  13. Yuya Fujiwara, Yu Suzuki, Yukio Konishi, Akiyo Nadamoto: “Extracting Difference Information from Multilingual Wikipedia”, Asia-Pacific Web Conference (APWeb 2012), Springer Lecture Notes in Computer Science, pp.496-503, Kunming, China, April 2012

  14. Yu Suzuki, Akiyo Nadamoto: “Credibility Assessment using Wikipedia for Messages on Social Network Services”, Proceedings of IEEE International Conference on Social Computing and its Applications (SCA 2011), pp.887-894, IEEE CS Press, Sydney, Australia, December 2011

  15. Akiyo Nadamoto, Yu Suzuki, Takeshi Abekawa: “Gist of a Thread in Social Network Services based on Credibility of Wikipedia”, Proceedings of the 44th Annual Hawaii International Conference on System Services (HICSS 2011), pp.1-10, IEEE CS Press, Hawaii, USA, January 2011

  16. Yu Suzuki: “An Assessment of Credibility for Message Streams on Microblogs”, Proceedings of the 5th International Conference on P2P, Parallel, Grid, Cloud and Internet Computing (3PGCIC), IEEE CS Press, Hakata, Japan, November 2010, CDROM

  17. Kazuhisa Ono, Yu Suzuki, Kyoji Kawagoe: “A Music Retrieval System based on Distribution of Feature Segments”, Proceedings of the 4th International Workshop on Multimedia Information Processing and Retrieval (MIPR2008), in conjunction with IEEE International Symposium on Multimedia (ISM 2008), pp.613-618, IEEE CS Press, Berkeley, CA, USA, December 2008

  18. Yu Suzuki, Masahiro Mitsukawa, Kyoji Kawagoe: “A Content-based Image Retrieval Method based on TFIDF-based Weighting Scheme”, Proceedings of the 2nd International Workshop on Multimedia Data Mining (MDMM 2008) in conjunction with the 19th International Conference on Database and Expert Systems Applications (DEXA 2008), pp.112-117, IEEE CS Press, Turin, Italy, September 2008

  19. Yu Suzuki, Jun Ishizuka, Kyoji Kawagoe: “A Similarity Search of Trajectory Data using Textual Information Retrieval Techniques”, Databese Systems for Advanced Applications (DASFAA 2008), Springer Lecture Notes in Computer Science, pp.627-634, New Delhi, India, March 2008

  20. Yu Suzuki, Masahiro Mitsukawa, Kenji Hatano, Toshiyuki Shimizu, Jun Miyazaki, Hiroko Kinutani: “An XML Fragment Retrieval Method with Image and Text using Textual Information Retrieval Techniques”, Pre-Proceedings of INEX 2007, pp.433-435, Schloss Dagstuhl, Germany, December 2007

  21. Kenji Hatano, Toshiyuki Shimizu, Jun Miyazaki, Yu Suzuki, Hiroko Kinutani, Masatoshi Yoshikawa: “Ranking and Presenting Search Results in an RDB-based XML Search Engine”, Pre-Proceedings of INEX 2007, pp.156-169, Schloss Dagstuhl, Germany, December 2007

  22. Yu Suzuki, Keigo Nakatani, Kyoji Kawagoe: “An Automatic Page Link Generation Method based on users Behaviour”, IEEE International Workshop on Web Personalization, Recommender Systems and In- telligent User Interfaces (WPRSIUI ’07) in conjunction with International Conference on Data Engineering (ICDE 2007), pp.826-834, Istanbul, Turkey, April 2007

  23. Battuguldur Lkhagva, Yu Suzuki, Kyoji Kawagoe: “New Time Series Data Representation ESAX for Financial Applications”, International Special Workshop on Databases for Next-Generation Researchers (SWOD 2006) in conjunction with International Conference on Data Engineering (ICDE 2006), pp.17-22, Atlanta, USA, April 2006

  24. Guifang Duan, Yu Suzuki, Kyoji Kawagoe: “Grid Representation for Efficient Similarity Search in Time Series Databases”, International Special Workshop on Databases for Next-Generation Researchers (SWOD 2006) in conjunction with International Conference on Data Engineering (ICDE 2006), pp.64-70, Atlanta, USA, April 2006

  25. Yu Suzuki, Kenji Hatano, Masatoshi Yoshikawa, Shunsuke Uemura, Kyoji Kawagoe: “A Normalization Method of Relevance Scores for Combining Ranked Retrieval Results”, International Conference on Asian Digital Libraries (ICADL2005), pp.311-316, Bangkok, Thailand, December 2005

  26. Kei Fujimoto, Toshiyuki Shimizu, Kenji Hatano, Yu Suzuki, Toshiyuki Amagasa, Hiroko Kinutani, Masatoshi Yoshikawa: “An Implementation of High-Speed and High-Precision XML Information Re- trieval System on Relational Databases”, INEX 2005 Workshop Proceedings, pp.199, Schloss Dagstuhl, Germany, November 2005

  27. Yu Suzuki, Yuki Namikawa, Kyoji Kawagoe: “InfoPrint: A View of Retrieval Results for Image Retrieval System”, International Workshop on Cyberspace Technologies and Societies (IWCTS2005) in conjunction with The 2005 International Symposium on Applications and the Internet (SAINT2005), pp.138-147, Trento, Italy, February 2005

  28. Yu Suzuki, Kenji Hatano, Shigehiko Kanaya, Shunsuke Uemura: “Normalization of Target Fluorescence using Reference Fluorescent for cDNA Microarray Method”, The 14th International Conference on Genome Informatics (GIW2003), pp.338-339, Yokohama, Japan, December 2003

  29. Yu Suzuki, Kenji Hatano, Masaki Takano, Masatoshi Yoshikawa, Shunsuke Uemura: “An Information Filtering System for Portable Computers”, Proceedings of 2003 IEEE Pacific Rim Conference on Communications, Computers and Signal Processing (PACRIM’03), pp.907-910, IEEE CS Press, Victoria, B.C., Canada, August 2003

  30. Yu Suzuki, Kenji Hatano, Shunsuke Uemura: “A Calculation Method of Document Scores for Multimedia Document Retrieval Method”, Proceedings of the IASTED International Conference on Information Systems and Databases (ISDB 2002), pp.178-183, ACTA Press, Tokyo, Japan, September 2002

  31. Yu Suzuki, Masaki Takano, Kenji Hatano, Masatoshi Yoshikawa, Shunsuke Uemura: “Extraction and Integration of XML Document Features on Wireless Environment”, Proceedings of the 1st International Workshop on Wireless Information Systems (WIS-2002) in conjunction with the 4th International Conference on Enterprise Information Systems (ICEIS-2002), pp.82-93, Ciudad Real, Spain, April 2002

  32. Akira Maeda, Tomokazu Ohta, Masaki Takano, Takamasa Ueda, Yu Suzuki, Toshiyuki Amagasa, Kenji Hatano, Masatoshi Yoshikawa, Shunsuke Uemura: “Applying Database Techniques in Wearable Computing Environment”, Proceedings of the 1st CREST Workshop on Advanced Computing and Communicating Techniques for Wearable Information Playing, pp.69-76, Nara, Japan, March 2002

  33. Yu Suzuki, Kenji Hatano, Masatoshi Yoshikawa, Shunsuke Uemura: “A Unified Retrieval Method of Multimedia Documents”, Proceedings of the 7th International Conference on Databese Systems for Advanced Applications (DASFAA 2001), pp.166-167, IEEE CS Press, Hong Kong SAR, China, April 2001

Domestic Conference

  1. 前田若菜,鈴木優,吉野幸一郎,中村 哲:「文脈からの推定を考慮した非構造化テキストデータの匿名化手法」,第15回情報科学技術フォーラム(FIT2016)論文集,富山大学(富山県富山市),2016年9月(発表予定)(Paper)
  2. 水上 雅博, Graham Neubig, 吉野 幸一郎, Sakriani Sakti, 鈴木 優, 中村 哲: 「快適度推定に基づく用例ベース対話システム」, 言語処理学会第22回年次大会(NLP2016), 東北大学(宮城県仙台市), 2016年3月
  3. 芥子 育雄, 鈴木 優, 吉野 幸一郎, 大原 一人, 向井 理朗, 中村 哲: 「単語・パラグラフの分散表現を用いたTwitterからの日本語評判情報抽出」, 第8回 データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム論文集, ヒルトン福岡シーホーク(福岡県福岡市), 2016年2月
  4. 前田若菜, 鈴木優, 吉野幸一郎, Graham Neubig, 中村哲: 「ソーシャルメディアにおける非構造化テキストデータの k-匿名化によるプライバシー保護」, WebDB Forum 2015, 芝浦工業大学(東京都), 2015年11月
  5. 鈴木 優, 吉野幸一郎, 中村 哲: 「クラウドソーシングによる Wikipedia 編集者の質推定」, 電子情報通信学会技術報告・電子情報通信学会データ工学研究会, 東大寺総合文化センター(奈良県奈良市), 2015年8月

Books

  1. NAIST-IS書籍出版委員会 中村 哲, 戸田 智基, 鈴木 優ほか:「シンギュラリティ:限界突破を目指した最先端研究」, 近代科学社, 2016年, 総ページ数324ページ
  2. 監訳:田中克己, 角谷和俊, 翻訳:大島 裕明, 岡本 真, 加藤 誠, 北山 大輔, 山本 岳洋, 小林 竜己, 是津 耕司, 山本 祐輔, 中島 伸介, 宮森 恒, 鈴木 優, 中村 聡史: 「情報検索のためのユーザーインタフェース」, 共立出版, 2011年4月, ISBN: 4320122801

Invited Talk

  1. 鈴木優: 「NAISTにおけるビッグデータ解析の取り組み」,第15回情報科学技術フォーラム,2016年9月(予定)
  2. 鈴木優: 「ビッグデータと可視化」, 第11回協定講座シンポジウム 計算科学とビジュアル・アナリティクス, 神戸大学百周年記念館(神戸) , 2016年3月
  3. 鈴木優: 「Wikipediaにおける情報の質」,第158回情報処理学会データベースシステム研究会,京都大学(京都)2013年11月
  4. 鈴木優: 「Wikipedia における情報信頼度の測定」, Wikimedia Conference Japan 2013, 2013 年 1 月
  5. 鈴木優: 「災害時における効率的な情報配信」,第 8 回防災・情報システムシンポジウム,立命館大学防災システム研究センター,2009 年 1 月
  6. 鈴木優: 「ICDE 2007 国際会議報告」, ACM SIGMOD 日本支部 第 36 回 大会 講演論文集,pp. 1 - 19, 2007 年 6 月.

Interpretive Article

  1. 平井(森田)晶, 西原 典孝, 大橋 美名子, 冨田 圭子, 小島 誠也, 大西 啓介, 稲村 真弥, 生島 早紀子, 佐藤 啓大, 小野 直亮, 黄 銘, 鈴木 優, 中村 哲, 加藤 博一, 金谷 重彦: 「新技術と研究紹介-ビッグデータ・フード・サイエンス:料理レシピと世界の食品アクセスにおけるデータ・サイエンス」, 明日の食品産業, pp.33-44, 2016年3月
  2. 天笠 俊之, 井口 誠, 大塚 真吾, 加藤 義清, 坂本 比呂志, 櫻井 茂明, 庄司 裕子, 鈴木 優, 是津 耕司, 高間 康史, 立石 健二, 中島 伸介, 難波 英嗣, 波多野 賢治, 土方 嘉徳, 平松 薫, 藤本 和則, 松下 光範, 的野 晃整: ``Web インテリジェンスとインタラクション用語集”, 知能と情報 (日本知能情報ファジィ学会誌), Vol.18, No.2, pp.140-148, 2006年4月.

研究費

科研費

研究代表者

  1. 日本学術振興会科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金) 若手研究(B)「集合知による情報の信頼度算出手法」,2011〜2015年度,課題番号 23700113,研究代表者,3,500 千円
  2. 文部科学省科学研究費補助金 若手研究(B) 「複数の検索システムを動的に組み合わせた統合型情報検索システムの構築」,2008〜2009年度,課題番号 20700101,研究代表者, 3,500千円

研究分担者

  1. 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(B) 「Web 上の知的資源の統合利用基盤技術に関する研究」,2009年〜2011年度,課題番号 20300036,研究分担者(研究代表者:吉川 正俊)
  2. 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究© 「内部特徴による時間データ類似検索方式の研究」,2008〜2010年度,課題番号 20500104,研究分担者(研究代表者:川越 恭二)
  3. 文部科学省科学研究費補助金 特定領域研究(公募) 「集合知の体系化による知の創出支援基盤技術の開発」,情報爆発時代に向けた新しい IT 基盤技術の研究,A01-41,2009〜2010年度,課題番号 21013026,研究分担者(研究代表者:吉川 正俊)

その他の研究費

  1. CREST 「構造理解に基づく大規模文献情報からの知識発見」研究分担者,2015-2020年
  2. SCAT 研究助成 2015年度,2,500 千円(研究分担者)
  3. 中部電気利用基礎研究振興財団 出版助成,2013 年,117 千円
  4. 電気通信普及財団 福祉,文化事業 海外渡航旅費援助,2013 年,250 千円
  5. 情報科学国際交流財団 研究者海外派遣助成, 2012 年,200 千円
  6. 第 20 回財団法人堀科学芸術振興財団 一般助成「情報の質の計測に関する研究」, 2011 年, 750 千円
  7. 電気通信普及財団 福祉,文化事業 海外渡航旅費援助,2011 年,210 千円

その他関係する研究プロジェクト

  1. 文部科学省委託事業「気候変動適用戦略イニシアチブ 地球環境情報統融合プログラム」:テーマ(1) DIASの高度化・拡張, サブテーマ(1) ストレージ容量とサーバ能力の向上ならびに基盤ソフトウェアの高度化,課題2) 大規模データのためのデータアクセス機能の開発 (2011年度〜2015年度)
  2. 内閣府最先端研究開発支援プログラム「超巨大データベース時代に向けた最高速データベースエンジンの開発と当該エンジンを核とする戦略的社会サービスの実証・評価」(代表:喜連川優),サブテーマ「超巨大サイバーフィジカルシステム基盤のための情報創発開発とその戦略的社会展開」,分担課題「確率的データ管理エンジンの開発」(2010年3月〜2013年度)

共同研究実績

  1. 電機会社: Twitter/テキストデータからの意図情報抽出に関する研究,2014年度〜
  2. 食品会社: ゲノムデータからの未病推定に関する研究,2015年度〜,
  3. 地方自治体: HEMSデータからの知識発見,2015年度〜

学会活動

所属学会

学会活動

現在行っているもの

過去のもの

Students

奈良先端科学技術大学院大学

  • 生田和也
  • 納村聡仁
  • 小牧真子
  • 田中宏昌
  • 松田義貴
  • 前田若菜
  • 芥子育雄

名古屋大学

  • 近藤弘隆
  • 中村 晃
  • 岩井一晃

Contact

Email: ysuzuki (AT) is.naist.jp

Tel: 0743-72-6057

Address: 8916-5 Takayama, Ikoma, Nara 6300192, Japan