2017年4月定例会

2017年4月14日に、15回目のビッグデータプロジェクト定例会を開催しました。

情報科学研究科 知能コミュニケーション研究室 教授の中村哲先生が、「多元ビッグデータ解析プロジェクト」の成果および、設立を計画している「データ駆動サイエンス創造センター」について、理念や現状、目的等を含めてご説明くださいました。

次に、同じく情報科学研究科 ユビキタスコンピューティングシステム研究室の藤本先生が、スマートホーム研究につきご紹介くださいました。ユビキタスコンピューティングシステム研究室では学内に1LDKのスマートホームを所有し、様々なタイプのセンサを設置し実験をされています。その計測結果によって、室内位置測定、スマート冷蔵庫、高齢者見守りなどの実現を目指しているとのこと、身近で非常に興味深いご講演をいただきました。