2016年10月定例会

2016年10月25日に、ビッグデータプロジェクト定例会を開催いたしました。

物質創成科学研究科 凝縮系物性学講座の教授 大門寛先生が、「物質におけるデータベースについて」というタイトルでご講演くださいました。 ますます注目を集めているマテリアル・インフォマティクスにつきご講演頂き、大変興味深く有意義な定例会となりました。

次に国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS) 情報統合型物質・材料研究拠点 データプラットフォーム長の徐一斌先生がお越しくださり、NIMSでの材料データベース・情報統合型物質材料研究を支えるデータプラットフォームにつきご紹介くださいました。こちらも大変有意義な講演でした。徐先生には、遠いところビッグデータプロジェクトのためにご足労いただき、ありがとうございました。