Publication

Book

Journal

  1. 芥子育雄, 鈴木優, 吉野幸一郎, グラムニュービッグ, 大原一人, 向井理朗, 中村哲. 「単語意味ベクトル辞書を用いたTwitterからの日本語評判情報抽出」 電子情報通信学会論文誌, Vol.J100-D, No.4, pp.530-543, Apr. 2017. (pdf)

  2. 杉山享志朗, 水上雅博, Graham Neubig, 吉野幸一郎, 鈴木優, 中村哲: 「言語横断質問応答に適した機械翻訳評価尺度の調査」,自然言語処理, vol.23, no.5, pp437-461, 2016.12 (pdf)

  3. Sony Hartono Wijaya, Farit Mochamad Afendi, Irmanida Batubara, Latifah K. Darusman, Md Altaf-Ul-Amin, and Shigehiko Kanaya, “Finding an appropriate equation to measure similarity between binary vectors: case studies on Indonesian and Japanese herbal medicines,” BMC Bioinformatics. 2016; 17: 520. (pdf)

  4. 山森明弘,許鳳浩,渡辺知幸,黄銘,小野直亮,佐藤哲大,阿部哲朗,上馬塲和夫,川端克司,今西勁峰,Md. Altaf-Ul-Amin,朱燕波,戴昭宇,王琦,金谷重彦,太田富久,鈴木信孝:「多変量解析法にもとづいた日本語版中医体質調査票(CCMQ-J)における各質問間相関の評価ならびにBMI,年齢の推定モデルの構築」,日本補完代替医療学会誌,第13巻,第2号,pp. 43-56 (pdf)

  5. 平井晶,西原典孝,大橋美名子,冨田圭子,小島誠也,大西啓介,稲村真弥,生島早紀子,佐藤哲大,小野直亮,黄銘,鈴木優,中村哲,加藤博一,金谷重彦:「ビッグデータ・フード・サイエンス: 料理レシピと世界の食品アクセスにおけるデータ・サイエンス」,明日の食品産業,pp. 33-44,(2016) (html)

  6. Azian Azamimi Abdullah, Md. Altaf-Ul-Amin, Naoaki Ono, Tetsuo Sato, Tadao Sugiura, Aki Hirai Morita, Tetsuo Katsuragi, Ai Muto, Takaaki Nishioka, and Shigehiko Kanaya, “Development and Mining of a Volatile Organic Compound Database,” BioMed Research International, Article ID 139254. (html)

  7. Md. Altaf-Ul-Amin, Tetsuo Katsuragi, Tetsuo Sato, and Shigehiko Kanaya, “A Glimpse to Background and Characteristics of Major Molecular Biological Networks,” BioMed Research International, Article ID 540297. (html)

Conference Proceedings

  1. Yu Suzuki, Koichiro Yoshino, Satoshi Nakamura. “A k-anonymized Text Generation Method.“Proceedings of the 20th International Conference on Network-Based Information Systems(NBiS2017), Toronto, Canada, Aug. 2017. (pdf)

  2. Ikuo Keshi, Yu Suzuki, Koichiro Yoshino, Satoshi Nakamura. Semantically Readable Distributed Representation Learning for Social Media Mining.Proceedings of the International Conference on Web Intelligence (WI ’17), pp.716–722, Leipzig, Germany, August 2017.(pdf)

  3. Koichiro Yoshino, Yu Suzuki, Satoshi Nakamura. Information Navigation System with Discovering User Interests. The 18th Annual SIGdial Meeting on Discourse and Dialogue (SIGDIAL2017), pp.356–359, Saarbrucken, Germany, 2017

  4. Wakana Maeda, Yu Suzuki, Satoshi Nakamura. “Fast Text Anonymization using k-anonymity.” International Conference on Information Integration and Web-based Applications & Services, Nov. 2016.(pdf)

  5. Yu Suzuki, Satoshi Nakamura. “Assessing the Quality of Wikipedia Editors through Crowdsourcing.” Proceedings of Wiki Workshop 2016 in conjunction with WWW 2016, pp1001-1006, April 2016 (pdf)

  6. Azian Azamimi Abdullaha, Md. Altaf-Ul-Amina, Naoaki Onoa, Nurlisa Yusufb, Ammar Zakariab, Takaaki Nishiokaa, Shigehiko Kanaya. “Comparison of Clustering Methods in the Context of Chemical Structure Similarity Based Classification of VOCs.” The 11th Asian Conference on Chemical Sensors (ACCS2015), pp. 40-44 (pdf)

  7. Hiromitsu Ohara, Yu Suzuki, Akiyo Nadamoto, “Detection of Missing Tweets based on Browsing Interval and Topic Granularity,” The 17th International Conference on Information Integration and Web-based Applications & Services(iiWAS2015), pp.206-214, ACM Press, Brussels, Belgium, December 2015 (pdf)

  8. Kyoshiro Sugiyama, Masahiro Mizukami, Graham Neubig, Koichiro Yoshino, Sakriani Sakti, Tomoki Toda and Satoshi Nakamura, “An Investigation of Machine Translation Evaluation Metrics in Cross-lingual Question Answering,” EMNLP 2015 10th workshop on statistical machine translation, pp.442-449, Lisbon, Portugal. September 2015 (pdf)

Domestic Conference

  1. 田中 宏昌, 鈴木 優, 山崎 将太朗, 加藤 晃, 吉野 幸一郎, 中村 哲. 「機械学習を利用した翻訳効率の高いmRNA生成 」関西データベースワークショップ2017, 2017.9.(学生奨励賞)

  2. 松田 義貴, 鈴木 優, 中村 哲. 「クラウドワーカの振る舞いを用いた能力推定とタスク 複雑度のトレードオフ」関西データベースワークショップ 2017, 2017.9.(学生奨励賞)

  3. 小牧真子,鈴木 優, 中村 哲. 「農作業データを用いたスケジュール細分化手法」関西データベースワークショップ 2017, 2017.9.(学生奨励賞)

  4. Nguyen Khanh, 鈴木優 , 中村 哲. “A tourism recommender system using weather information”, 情報科学技術フォーラム (FIT), September 2017.

  5. 田中 宏昌. 「球種予測のための状況分類」WebDB Forum 2017, 2017.9.

  6. 松田義貴. 「無死一二塁での右打ちは必要か」WebDB Forum 2017, 2017.9.

  7. 松田義貴,鈴木優,中村哲. 「クラウドソーシングにおける長期労働が及ぼす作業能力の変化」 マルチメディア, 分散協調とモバイルシンポジウム 2017 論文集, 1265-1273, June.2017.

  8. 芥子育雄, 鈴木 優, 吉野 幸一郎, 大原 一人, 向井 理朗, 中村 哲. 「分散的意味表現学習のための単語意味ベクトル辞書 Ver.2 と 日本語 Twitter 極性分析ベンチマークについて」 情報処理学会研究報告, Vol. 2017-NL-231, Vol. 2017-SLP-116, No. 8, pp. 1-7, May. 2017.

  9. 小牧 真子, 鈴木 優, 中村 哲. 「農作業計画の最適化における候補選定」人工知能学会全国大会, May 2017.

  10. 田中 宏昌, 鈴木 優, 山崎 将太朗, 加藤 晃, 吉野 幸一郎, 中村 哲. 「アンサンブル学習を用いたmRNA配列からの翻訳効率予測」 研究報告バイオ情報学(BIO), Vol.2017-BIO-49, No.2, pp.1-6, Mar. 2017.

  11. 納村 聡仁, 鈴木 優, 吉野 幸一郎, 中村 哲. 「分散表現の加法構成性を用いた観光地探索支援」 関西データベースワークショップ 2016年9月

  12. 小牧 真子, 鈴木 優, 吉野 幸一郎, 中村 哲. 「農業データと分析手法について」 関西データベースワークショップ 2016年9月

  13. 松田 義貴, 鈴木 優, 中村 哲. 「クラウドソーシングを用いたTwitterからの評判情報の集約」関西データベースワークショップ 2016年9月

  14. 芥子育雄, 鈴木優, 吉野幸一郎, 大原一人, 向井理朗, 中村哲:「単語・パラグラフの分散表現を用いたTwitterからの日本語評判情報抽出」 第8回 データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム,福岡, A1-3, 2016. (pdf)

  15. 前田若菜, 鈴木優, 吉野幸一郎, Graham Neubig, 中村哲:「ソーシャルメディアにおける非構造化テキストデータのk-匿名化によるプライバシー保護」 情報処理学会データベースシステム研究会研究報告 (DBS),東京. 2015年11月. (pdf)

  16. 杉山享志朗, Graham Neubig, Sakriani Sakti, 戸田智基, 中村哲. 「知識ベースに基づく言語横断質問応答において翻訳の性能が与える影響の調査」2015年度人工知能学会全国大会(JSAI2015). 北海道, pp. 1-8, 2015年5月. (pdf)

  17. 鈴木優, 吉野幸一郎, 中村哲. 「クラウドソーシングによる Wikipedia 編集者の質推定」電子情報通信学会データ工学研究会. 奈良. 2015年8月. (pdf)

Other

1.鈴木 優. 「NAISTにおけるビッグデータ解析の取り組み」第15回情報科学技術フォーラム(FIT2016), Sep. 2016.